結婚・結婚相談所・結婚指輪・国際結婚・結婚式に詳しくなる

結婚とはなにか

結婚

日本における結婚というのは、婚姻届を役所に提出をして今まで違う環境で生活をしていた男女が同じ環境で生活をしていく意志を表した形である。ただ、民法上では婚姻届を提出しなくても配偶関係であれば婚姻状態ということが出来る。
結婚後の生活というのは、お互いに理解をしながら生活を始め、協力をしていくことである。理解や協力をすることができなければ円満の結婚生活を送ることができず、夫婦が成立しなくなってしまうのである。

年齢

日本で民法上、婚姻届を提出することが出来る年齢というのは男性が満18歳以上、女性は満16歳以上である。
未成年の場合でも結婚することはできるが、未成年者の両親(父または母)のどちらかの同意が必要である。

日本では、初婚の平均年齢が上昇傾向にある。1950年では男性は25.9歳、女性は23歳であるが、2010年には男性30.5歳、女性28.8歳となっているのである。

結婚の種類

種類

結婚は様々な種類があり、結婚の種類によっても結婚生活が大きく違ってくるのである。

・恋愛結婚
恋愛を経て、結婚をすることである。

・できちゃった婚
結婚をする前に子宝に恵まれた場合の結婚のことである。結婚の意思があり、行為をしていて子供を授かったという場合もあるが、結婚の意思がなく子供を授かったという場合もある。

・見合い結婚
見ず知らずの男女が紹介によって出会いの場を設けられ、結婚をすることである。結婚をしてからお互いを知っていくことになる。1940代ではほとんどの結婚が見合いであったが、1970年以降急激に減少傾向である。

・事実婚
婚姻届を出していないが、一般的な結婚生活と同じ生活スタイルを送っているということである。内縁関係ともいわれている。婚姻届と出していないので、法律的には認められていないが場合によっては婚姻関係であると認められることもある。

外部リンク

話題の小さな結婚式を挙げるなら;PLAZA HEART


結婚相談所で流行りの神奈川の|良縁コンシェルジュ町田
[1]
少人数結婚式ならここで、結婚式を挙げて幸せになりましょう!;セント・ヴァレンタイン教会
結婚相談所なら栃木にある有名な所にお任せ:ブライダルforyou